2014年10月30日木曜日

読み聞かせ6年生(10月)

小学校の息子のクラス(6年)の読み聞かせボランティアに行ってきました。今日は “なぞかけ” の本を読みました。子ども達と一緒に楽しい時間を過ごすことができました。

○なぞかけどうじょう
なぞかけどうじょうなぞかけどうじょう
作:中川 ひろたか / 絵:大島 妙子出版社:金の星社絵本ナビ

6年生の読み聞かせには簡単すぎるかな?と心配しましたが、絵本の作り方がとても上手で、最後のページまで子ども達も楽しそうに聞いてくれました(^-^) 大島妙子さんのイラストがなぞかけをさらに盛り上げてくれます。

短めの絵本だったので、おまけでなぞかけの本を紹介して、その中から4つだけ、なぞかけクイズをだしました♪

○なぞかけ食堂
江戸のなぞなぞ なぞかけランド(2) なぞかけ食堂江戸のなぞなぞ なぞかけランド(2) なぞかけ食堂
著者:ねづっち出版社:理論社絵本ナビ

Q.おにぎりとかけて、工作ととく....そのこころは?
A.どちらも「のり」を使います。

Q焼きそばとかけて、剣道ととく....そのこころは?
A.どちらも「めん」が必要です。

Q.ピザとかけて、新聞ととく.....そのこころは?
A.どちらも「きじ」が大切です。

Q.天ぷらとかけて、授業参観に行った親ととく...そのこころは?
A.どちらも「あげたて」が嬉しいです。

なぞかけ.....、江戸時代からある言葉遊び。楽しかったです♪ 
なぞかけを考えると、頭が柔軟になりそうです(^-^)

0 件のコメント: